マグナでバイクライフin北海道

V-TWIN マグナ 250 で北海道をツーリングして回る道産子のバイクライフ

マグナV-MAXテイストカスタム#11 フロント隙間隠しパーツの作成

ダンボーを当てて、とてもおおまかな原型をつくり

f:id:magic-gpen:20200311161435p:plain

原型を調整し、作成素材に転写

f:id:magic-gpen:20200327183144p:plain

なんと木材っ!w(松材)

切り出し、木工ボンドで接着

現物合わせで削って調整

f:id:magic-gpen:20200327183313p:plain

パテも盛る

f:id:magic-gpen:20200327183437p:plain

ダンボールの原型がいいかげんなモノなので、結構パテモリ調整w

サンディングシーラー塗り

f:id:magic-gpen:20200327184142p:plain

120番→240番→400番でペーパーがけ

松材は失敗だったことに気が付く

一見、表面がフラットだけれど、実に木目が凸凹

サンディングシーラーが、ほとんど削り取られるというね・・・

MDFボードにしておけばよかったと大いに後悔(こっちのほうが安いし)

しかしやり直す気力はないので、このままいくよ、とほほ・・・

ウッドプライマー

サーフェイサー

f:id:magic-gpen:20200327184232p:plain

MCペインターのスターライトシルバー

マグナのフレームと同色にするわけです

クリアで保護

f:id:magic-gpen:20200328090409p:plain

うむむ・・・

光が当たると木目が浮き出てしまう・・・

うむむむむ・・・・

目立たないところだし・・・

やり直す気力はないし・・・・

気が付かなかったことにしよう!

見てない見てない・・・ブツブツ・・・

このパーツのバイクとの接合は、着け外しができるように、マジックテープで固定することにします。

力がかかるところでもないしね

f:id:magic-gpen:20200328090607p:plain

装着っ!

f:id:magic-gpen:20200328091001p:plain

 パーツの逃げが少ないので、マジックテープがすぐ引っ付いちゃう・・・

ギューギュー押し込みで装着

けっこうがっちり接合されて、走行してもパーツが外れる気はしません

f:id:magic-gpen:20200328091703p:plain

タンクとの間に「接合部ガタガタ隠し」のモールを着けてみたけど、部分張りのせいか、いまいち・・・細いモールで全体的に引き回したほうがいいかな

f:id:magic-gpen:20200328092716p:plain

f:id:magic-gpen:20200328092734p:plain

うん・・・

素人細工の馬脚を現した感もあるがぁ・・・・

まぁ、こんなものだろう!w

目立たないところ目立たないところっ・・・w

これで残すは・・・

ダイヤフラムカバー!

あと、ひとやまっ!

マグナV-MAXテイストカスタム#10 フレームとエアインテークネジ接合部の作成でこらえきれずつけてしまうw

両面テープでエアインテーク接着なのですが

万が一剥がれてすっ飛んでいっては大迷惑な上、悲しみに暮れることになるでしょう

で、すっ飛び防止で、ネジ接合部を作ります

パイプ止める金具(5cm径用)

f:id:magic-gpen:20200323103744p:plain

マグナのフレームに合うよう、ネジ穴を新たに開け、余った部分は切断

内側には薄いゴム板接着

f:id:magic-gpen:20200323103804p:plain

錆防止で、メタルプライマー塗ってクロームシルバー塗装

マグナフレームに装着

長ーいネジはユニクロM4、ペンチで曲げて微妙に位置調整

エアインテークの先っちょ下部には穴があるのでそこに合わせ

ダブルナットで固定

f:id:magic-gpen:20200323103844p:plain

問題は右下側

ラジエターパイプやクラッチワイヤーが這わさるところで、パイプを止める金具が装着できない

しょうがないので避けて下へ装着

するとエアインテーク先っちょ下部の穴が、遠い上にネジが通る隙間がない

L字ステーを加工し延長接合パーツ作成

 

f:id:magic-gpen:20200323104758p:plain

フレームに装着

ネジも曲げる

f:id:magic-gpen:20200323104928p:plain

さて、エアインテーク下部がマグナのフレームとネジ接合できるわけですが

上部もどうにかしてフレームと接合したくなりますよね。

ポク・ポク・ポク・ポク・・・・チーン!

ひらめいた!

ってほどのことでもないのですがw

エアインテーク裏にネジ穴開けてナットを接着&エポキシパテ

ボルトをつける

f:id:magic-gpen:20200323105619p:plain

針金っ!

f:id:magic-gpen:20200323105142p:plain

エアインテーク本体はできあがっているので・・・

もう、こらえられん!

つけてしまえっ!

タンク下部に、ダイソーのカーボンシートを張る

f:id:magic-gpen:20200323105451p:plain

エアインテーク装着!

両面テープベターーーッ!

お、けっこうしっかりくっついている

さすがはエーモンのエアロパーツ用強力両面テープ!

f:id:magic-gpen:20200323110009p:plain

さて、右は、末端に抜け防止のネジを付けた針金を、マグナのフレーム穴に通し、六角ネジと連結

f:id:magic-gpen:20200323110129p:plain

左は、ケーブルフックと針金連結

f:id:magic-gpen:20200323110215p:plain

エアインテークのボルトを回すと、テンション調節できます

メタルプライマーを針金に塗り、錆防止

下部のトメは袋ナット

そして、コルゲートチューブでネジ隠し

f:id:magic-gpen:20200323110322p:plain

f:id:magic-gpen:20200323110400p:plain

これで、エアインテークが剥がれる方向にいかないようにできるので、両面テープが剥がれること自体を予防できる

万が一エアインテークが外れることがあっても、すっ飛び防止できる

モールを這わす

エアインテークの切り口ガタガタだからね

f:id:magic-gpen:20200323110507p:plain

黒いモールにしたのは、マグナはスターライトシルバーなので、

シルバー系ばかりだとボヤケルかなぁと思って、メリハリを利かせるために、あえての黒にしたのだけれど・・・

f:id:magic-gpen:20200323110547p:plain

うむむ・・・クロームメッキのモールの方がよかったかなぁ?

ま、いっかw

f:id:magic-gpen:20200323110637p:plain

いや、なかなかのド迫力

f:id:magic-gpen:20200323110709p:plain

いい感じではないですかぁw~

たまらずこの状態で、小樽までひとっ走り!w

小樽港埠頭でマグナ君(カスタム途中)

小樽港埠頭でマグナ君(カスタム途中)

走行検証でもエアインテーク剥がれる気配無く、がっちり固定されています!

 

残すは、前面の隙間隠しパーツ(今は針金が見えてしまうw)とダイヤフラムカバーの作成

あと、ふた山っ!w

 

マグナV-MAXテイストカスタム#9 ラジエター液パイプと接合部の作成

右側エアインテークは「U」な形になっています。

f:id:magic-gpen:20200322192539p:plain

本物V-MAXではここにラジエター液パイプが通るので

マグナには不要なUな形なのですが、Uの有効活用がどうにも思いつかないので(色々妄想したんですがね、むき出しエアクリ通すとか、ダミーでNOSチューブとか・・・しっくりこず)

結局、まんまラジエターパイプ(ダミー)にして、ラジエターに導くことにします。

ラジエターパイプは、柔らかいスポンジチューブを使用(曲げるので)

●1.エアインテーク

背面板を半円状に切り欠く

ドリルでいっぱい穴あけ法

f:id:magic-gpen:20200322193044p:plain

ラバー(芯線つき)をつける(出所不明w・・これ、なんだっけ?を装着)

f:id:magic-gpen:20200322193201p:plain

●2.ラジエター側

パイプをラジエターに導くといっても

ラジエターキャップの横にしか、取り付けられそうな場所がなく

しかしラジエターガードがジャマをしている

f:id:magic-gpen:20200322193421p:plain

切ってしまえ!

f:id:magic-gpen:20200322193552p:plain

適当な木材(MDF)と、ダイソーパテのケース(円筒)で、接合パーツを作成

f:id:magic-gpen:20200322193732p:plain

メタルプライマー(筆塗り)

ブラック塗装(筆塗り)

ラジエターに両面テープで接合

f:id:magic-gpen:20200322193955p:plain

スポンジパイプを刺すと・・・

激しく折れ曲がる(-o-;)

芯が要りますね

水道用フレキシブルパイプ

こいつを芯にします

f:id:magic-gpen:20200322194211p:plain

ラジエター側に、バンドを着けて

エアインテーク側に差し込み

こんな感じ

f:id:magic-gpen:20200322194457p:plain

U字に意味(?)をもたせました

ハンドルを切るとウインカーと干渉するので、結構捻じ曲げています

f:id:magic-gpen:20200322194656p:plain

しかし、どんだけクーラント液回そうというんだこのラジエターわっ!ww

2020年バイクシーズンスタート!

春だっ!

春が来たっ!

ようやく雪が溶けた!

バッテリー装着!(外して充電済み)

燃料コックオーーン!

チョーク引っ張りー!

マグナ始動!

キュルキュルキュルキュルキュル・・・・

始動!

キュルキュルキュルキュルキュル・・・・

し、始動!

キュルキュルキュルキュルキュル・・・・

・・・・し・ど・う・・・

キュルキュルキュルキュルキュル・・・・

こいつぅ~お目覚めが悪いなぁ~・・・

キュルキュルキュル・・

ぼ・・ぼぼ・・・・プスン

お、寝ぼけ眼かぁ?

キュルキュル

ボ・・ボボボ・・・ボボボボボボボボボボボ

かかったっ!!

マグナ君目を覚ましましたっ!

冬ごもりに入ってから

4か月

待ちに待ち待った

バイクシーズンスタートです!

スタンドで空気圧チェック!

さて、どこにいこうかっ!?

雪解けは市街地だけだろう、峠、山は危険だ(まだ雪、氷)

遠くは無理だなっ、ということで近隣ちょろちょろ

石狩湾新港 樽川埠頭

f:id:magic-gpen:20200322203210p:plain

f:id:magic-gpen:20200322203249p:plain

f:id:magic-gpen:20200322203315p:plain

いやぁ、バイクは楽しいっ!

嬉しいっ!

生きててよかったww!

マグナ君!今シーズンもよろしくねっ!

2020年(令和2年)バイクシーズン、スタートですっ!

 

マグナV-MAXテイストカスタム#8 エアインテーク吸入口フタの作成とエンブレム装着

エアインテーク吸入口のフタ(?)、社外品とかいろいろありますが、それなりのお値段しちゃいます。

パパのお小遣いは脆弱なので・・・

自作!

素材はアルミパンチングシート

これを切って作ることにします

f:id:magic-gpen:20200317101523p:plain

ネットで見つけた吸入口の画像をプリントアウト

大きさが合うまで何度か大きさを変えてプリントアウトして、型紙づくり

プリントアウトした紙を切って、エアインテークにあて、

型紙転写(マジックペン)

f:id:magic-gpen:20200317101702p:plain

薄いアルミ板なので、ハサミで切れます

吸入口板にネジが通る穴をドリルで開けます


吸入口板が黒なのでエアインテーク内側を黒で塗ります

マスキングして、メタルプライマー+ブラック筆塗り

f:id:magic-gpen:20200317101902p:plain

塗料が乾いたらマスキングはがして

装着!

フクロネジM5

f:id:magic-gpen:20200317102032p:plain

うん、なかなかちゃんとした感じに見えるw

f:id:magic-gpen:20200317102349p:plain

 

YAMAHA隠しw

アルミシート(粘着剤付き)0.3㎜を切って貼り付け

f:id:magic-gpen:20200322175946p:plain

上の方にも小さくアルミシートを張り付け

メタルプライマー → クリアオレンジでヌリヌリ

f:id:magic-gpen:20200322180147p:plain

エンブレムを両面テープで張り付けると

f:id:magic-gpen:20200322180235p:plain

こうなる!

なるべくアルミシートが目立たなくなるようエンブレムを配置したため、少し前寄りかな・・・

今見えているアルミシートの上に、なんかシール貼ってしまおう(いずれ)

f:id:magic-gpen:20200322180448p:plain

エアインテーク本体は、できたっ!